(あすを探る 経済)固定観念が生む男女格差 山口慎太郎

有料会員記事

[PR]

 先ごろ世界経済フォーラムが発表した男女の平等度を表す「ジェンダーギャップ指数」において、日本は156カ国中120位でG7の中では最下位となった。経済分野についても117位とかなり低い。

 経済、特に労働市場における男女格差を捉える代表的な方法は、賃金に着目するというものだ。OECD平均でみると、女…

この記事は有料会員記事です。残り1441文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載あすを探る

この連載の一覧を見る