「軽い」と「重い」 第46期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦 第17局第2譜

有料会員記事

[PR]

 第17局第2譜(32―63)

 白 九段 河野臨(1勝3敗)

 黒 八段 余正麒(2勝2敗)

 (6目半コミ出し)

     *

 左辺の黒について、余は「軽く打つ」方針を立てていた。「軽く」は囲碁界の常用語。大きく取られなければ捨ててもいいというニュアンスだと私は捉えている。

 余に実戦の意図を…

この記事は有料会員記事です。残り514文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!