LINE親会社が見解

有料会員記事

[PR]

 対話アプリ「LINE」の利用者の個人情報が業務委託先の中国企業からアクセスできるようになっていた問題で、親会社のZホールディングスの川辺健太郎社長は28日、個人データの移転先について「保護法制のレベルが日本と同等の国や地域に限られるべきだ」と述べた。これに中国は含まれないとの見方も示した。この日の…

この記事は有料会員記事です。残り15文字有料会員になると続きをお読みいただけます。