競艇選手215人が不適切受給

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス対策の持続化給付金をめぐり、日本モーターボート競走会と選手会は28日、競艇選手215人が計2億1473万円を不適切に受給していたと発表した。コロナ禍でのレース開催への影響は限定的だったうえ、フライングなどの違反をしてレースに出場できなかった期間を理由とした申請もあり、競走会は選手…

この記事は有料会員記事です。残り171文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!