細る東電、進まぬ信頼回復 福島第一事故、処理費用が課題 自由化で首都圏の競争激化

有料会員記事

[PR]

 東京電力ホールディングス(HD)が28日に発表した2021年3月期決算では、稼ぐ力の低下がはっきりした。福島第一原発事故の処理費用の確保が課題になる。福島県新潟県などでは東電への厳しい見方もあり、小林喜光氏ら新しい経営陣は信頼回復を急ぐ。▼3面参照

 東電は福島第一原発の事故後、政府が株式の過…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。