運転延長、見えぬ先行き 裁判動向や膨らむ投資 東海第二・川内

有料会員記事

[PR]

 運転40年を超える老朽原発の国内初の再稼働について、地元福井県の同意が表明された。関西電力は手続きに入る考えだが、テロ対策工事の遅れなどで動かせる期間は限られる見込み。同じく日本原子力発電東海第二原発茨城県東海村)や九州電力川内原発鹿児島県薩摩川内市)も40年超運転を控えるが、訴訟などの様…

この記事は有料会員記事です。残り1110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。