(経済ファイル)住宅着工、リーマンに次ぐ低水準

有料会員記事

[PR]

 国土交通省は28日、2020年度の新設住宅着工戸数が前年度比8.1%減の81万2164戸だったと発表した。コロナ禍で展示場の来場者が減ったことなどが響き、リーマン・ショックの影響で落ち込んだ09年度の77万5277戸に次ぐ低水準だった。また、3月の新設住宅着工戸数は前年同月比1.5%増の7万178…

この記事は有料会員記事です。残り46文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載経済ファイル

この連載の一覧を見る