東電、2年連続経常減益 コロナ禍・電力自由化、響く 3月期

有料会員記事

[PR]

 東京電力ホールディングス(HD)は28日、新会長に小林喜光・前経済同友会代表幹事が就く人事を正式に発表した。21年3月期決算は経常利益が前年比約3割減の1898億円で、2年連続の経常減益となった。コロナ禍による需要減や電力自由化による競争激化が響いた。

 小林氏はこの日オンラインで会見し、「実効性…

この記事は有料会員記事です。残り688文字有料会員になると続きをお読みいただけます。