「慰安婦」が適切、政府答弁書決定

有料記事

[PR]

 政府は27日、慰安婦問題をめぐり、「従軍慰安婦」または「いわゆる従軍慰安婦」ではなく、「慰安婦」との用語を使用することが適切だとする答弁書を決定した。加藤勝信官房長官は28日の記者会見で「『従軍慰安婦』という用語を用いることは誤解を招く恐れがある」と説明した。

 27日の政府答弁書は、日本維新の会

この記事は有料記事です。残り361文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント