旧・電通本社ビル、解体開始 丹下健三設計「未来都市」構想

有料会員記事

[PR]

 広島平和記念資料館や国立代々木競技場(東京)で知られる建築家の丹下健三(1913~2005)が手がけた東京・築地の旧・電通本社ビル(1967年完成)の解体工事が今月、始まった。フランスの建築家ジャン・ヌーベルが関わった現在の本社ビル(2002年、東京・汐留)の売却方針が伝わるなか、「未完の未来都市…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。