中国、宇宙ステーション打ち上げ成功 中核部分、優位性高まる可能性

有料会員記事

[PR]

 中国独自の宇宙ステーションの中核部分となる「天和」が29日午前、中国南部の海南島・文昌宇宙発射場から打ち上げられた。今後も実験棟や貨物を断続的に打ち上げ、2022年にステーションを完成させる予定。日本が参加する国際宇宙ステーション(ISS)は25年以降の運用が決まっておらず、宇宙空間における中国の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。