ローマ教皇、不正防止の法令

有料会員記事

[PR]

 世界に約13億人の信者がいるローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は29日、バチカンの省庁や関連団体の高官、職員らに向け、汚職などの不正防止に関する法令を出した。タックスヘイブン租税回避地)に資産を持つことや、教義に反する活動をしている企業への投資を禁止。40ユーロ(約5200円)以上の価値が…

この記事は有料会員記事です。残り30文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!