(真山仁のPerspectives:視線)番外編:いまの時代

有料会員記事

[PR]

 ■「みんな」が実体化、不協和音が怖い「個」

 昨年末に連載終了した「Perspectives 視線」では、唯一の心残りがあった。

 AKB48乃木坂46などを世に放ったプロデューサー、作詞家の秋元康について書けなかったことだ。独自の構想力で時代のムードを切り取る秋元が、2020年代をどのように感…

この記事は有料会員記事です。残り3449文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載真山仁のPerspectives:視線

この連載の一覧を見る