ANA、過去最大赤字4046億円 旅客回復、進むか不透明

有料会員記事

[PR]

 ANAホールディングスが30日発表した2021年3月期決算は、売上高が前年比63・1%減の7286億円、最終的なもうけを示す純損益が4046億円の赤字(前年は276億円の黒字)だった。新型コロナ禍で旅客が激減し、過去最大の赤字となった。22年3月期は黒字転換を見込むが、旅客回復を前提としており、想…

この記事は有料会員記事です。残り705文字有料会員になると続きをお読みいただけます。