サウジ・イラン、関係改善探る バイデン政権方針、中東に変化

有料会員記事

[PR]

 サウジアラビアが5年にわたって国交を断絶してきたイランとの関係改善を模索し、イラン側も好意的に反応している。両国はイエメン内戦の「当事者」でもあり、中東の緊張緩和に向けて期待が高まっている。(ドバイ=伊藤喜之、テヘラン=飯島健太)

 ■サウジ イエメン内戦停止を望む

 「求めるのは、イランとの良…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。