未来のため、メディアは 阪神支局襲撃34年

有料会員記事

[PR]

 1987年に朝日新聞阪神支局で記者2人が殺傷された事件から、3日で34年を迎える。朝日新聞労働組合は翌年から「言論の自由を考える5・3集会」を開いてきた。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大のために中止し、2年ぶりとなる今年は初めてオンラインで開く。タイトルは「語ろうメディアの未来~萎縮と分断を越え…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。