「反出生主義」私たちへの問い 全ての人間は生まれないほうが良い―― 源流は古代、不安な時代に注目

有料会員記事

[PR]

 人間は生まれないほうが良い――。全ての人間の出生を否定的にとらえる「反出生主義」という考え方が、注目を集めつつある。国内でもこの数年間で、関連書籍が相次ぐ。こうした思想の背景にあるものは何か。反出生主義が迎えられる社会と、私たちはいかに向き合うべきなのだろうか。

 ■「元に戻れぬ尊さ、どう人生に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら