(どうなる?教科書)イマドキ教科書、多彩な工夫 SDGsが多数登場、題材に学校行事も

有料会員記事

[PR]

 米津玄師さんの「打上花火」、GReeeeNの「キセキ」……。来春から高校で使われる新しい教科書には、高校生にもなじみのある話題の人物や作品が多く登場する。身近なテーマを通して学びを深めてもらおうと、各社が工夫をこらす。(阿部朋美、石平道典、三島あずさ、宮崎亮

 多くの教科書に登場するのが、近年…

この記事は有料会員記事です。残り2107文字有料会員になると続きをお読みいただけます。