(外資規制を考える:上)総務省と放送局、なれ合い見直しを 立教大・砂川浩慶教授

有料会員記事

[PR]

 東北新社フジ・メディア・ホールディングスと、放送業界で外資規制違反が相次いで判明し、放送行政の不透明さがあらわになった。立教大学社会学部メディア社会学科の砂川浩慶教授は、総務省と放送局の「なれ合い」を指摘する。

 放送局の外資規制は、言論報道機関を外国資本が乗っ取るのを防ぐためにある。フジの場…

この記事は有料会員記事です。残り769文字有料会員になると続きをお読みいただけます。