(経済気象台)0.1秒の世界

有料会員記事

[PR]

 厳しい状況の中、在宅勤務が増えた。自分の人生を見つめ直す機会に恵まれたのは救われる点である。政治や会社、そして個人においても直近の時間軸から離れて、20~30年先の世界を想定して計画を立てるべきであることに気づいた。自分の存在や意義、そして目的は何かを、振り返ることが出来ていなかったのかもしれない…

この記事は有料会員記事です。残り568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載経済気象台

この連載の一覧を見る