米一転、世界供給へ意欲 ワクチン特許停止、製薬側は「失望」

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン普及を世界的に加速させる一手として、米バイデン政権が5日、ワクチンの知的財産(特許)を保護する義務を一時免除する方向にかじを切った。世界貿易機関(WTO)で昨秋から議論されてきたが、先進国と途上国との間で意見が対立していた。最大のワクチン供給国の翻意は途上国には朗報だが…

この記事は有料会員記事です。残り1189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。