厚労省、変異株の検査態勢縮小へ 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスは西日本を中心に変異株への置き換わりが進み、厚生労働省は、感染者が多い地域では変異株の検査態勢を縮小する方針を固めた。これまで、陽性者から抽出してスクリーニング検査を実施する割合を、40%とすることを求めていたが「割合は自治体で判断」とする。

 政府は陽性者のうち「N501Y」と…

この記事は有料会員記事です。残り186文字有料会員になると続きをお読みいただけます。