「実情踏まえ対策を」興行団体要望

有料会員記事

[PR]

 緊急事態宣言に伴う休業要請などについて、興行関連の団体が6日、相次いで声明を発表した。宣言延長の方針を受け、実情を踏まえた現実的な対策をとるよう行政側に求めている。

 映画館や演芸場などでつくる全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)は、昨年12月から客席側の感染例は1件もないなどの実績が考慮され…

この記事は有料会員記事です。残り227文字有料会員になると続きをお読みいただけます。