国、6月提出 赤木ファイル 「存在」地裁に回答 森友文書改ざん

有料会員記事

[PR]

 学校法人森友学園大阪市)への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、国は6日、自死した同省近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)が改ざんの経緯を記したとされる「赤木ファイル」の存在を認めた。赤木さんの妻・雅子さん(50)が国などに損害賠償を求め、大阪地裁に起こした訴訟の裁判手続きの中で国側…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。