情報フォルダー

有料会員記事

[PR]

 ▼『干す 日本の天日干しをめぐる』(西村豊=写真・文、光村推古書院・2640円)は、こんな風景が各地に残っているのだと感嘆させる。表紙には富士山を背景にした大根干し。新潟県村上市の民家の軒下につるされた塩引き鮭(ザケ)、山梨県甲州市岐阜県白川村の干し柿などなど、どれも先人の知恵を伝えて懐かしくも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新刊フォルダー

この連載の一覧を見る