やまゆり園で採火、断念 パラ聖火、相模原市長が発表

有料会員記事

[PR]

 利用者ら計45人が殺傷された障害者施設「津久井やまゆり園」(神奈川県相模原市)で東京パラリンピックの採火式を行う計画について、同市の本村賢太郎市長は7日に記者会見し、同園での実施を断念すると発表した。事件の遺族らから反対の声が上がっていた。

 事件の被害者遺族の代理人と負傷者家族も記者会見し、「ほ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。