(大志 藤井聡太のいる時代)戴冠編:2 「芸術作品」の激戦、永瀬を破りタイトル挑戦権

有料記事

[PR]

 2020年6月、中断されていた長距離移動を伴う対局が再開された。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受けて、愛知県在住の藤井聡太(18)の対局も延期されていた。

 藤井は同2日、第91期棋聖戦決勝トーナメントの準決勝で佐藤天彦(33)と対戦。約2カ月ぶりの対局を勝利で飾った。終局後は「こ…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り652文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント