(社説余滴)物陰から刺す空気、今も 前田史郎

有料会員記事

[PR]

 記者2人が殺傷された34年前の朝日新聞阪神支局襲撃事件で、捜査を担当していた兵庫県警の元幹部に分厚い捜査資料を見せてもらったことがある。

 ワープロ文字で整理された紙には、朝日の論調に批判的な団体や評論家、その性格などが記されていた。目を引いたのは全国各地の右翼団体のリストである。各団体の主張をも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載社説余滴

この連載の一覧を見る