行き場失った食材、食べて応援 産直サイト急拡大、生産者に活路

有料記事

[PR]

 東京や大阪など4都府県の緊急事態宣言に伴う飲食店の休業や時短営業などで、行き場を失った食材。消費者に届けて食べてもらい、生産者らを応援しようという動きが広がっている。

 ■ユーザー43倍

 30年にわたりヒラメや天然マダイ、イセエビといった高級魚種をとってきた千葉県旭市の漁師、遠藤勝信さん(48…

この記事は有料記事です。残り1891文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。