LGBT法、自民が修正案 法目的に「差別許されない」 早期成立へ詰めの協議

有料会員記事

[PR]

 LGBTなど性的少数者をめぐる「理解増進」法案の今国会成立をめざし、自民党の特命委員会が法律の目的に「差別は許されない」と明記する修正案をまとめ、野党側に提示したことが分かった。野党はすでに「差別解消」法案を提出しており、与野党は詰めの協議に入る。

 自民党は2016年に法案概要をまとめ、国政選…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。