ワクチン特許放棄、欧州反発 「供給遅れの解決策にならず」

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンにかかわる知的財産(特許)の一時放棄を米国が認める意向を示したことをめぐり、ドイツフランスが反発している。「供給拡大」を理由にする米国に対し、ワクチン不足は米英が自国を優先して起こったという不満があるからだ。欧州連合(EU)は7~8日の首脳会議でこの問題を議論したが…

この記事は有料会員記事です。残り1102文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら