受験料負担、大学進学の壁 低所得世帯の子へ「公的支援を」 NPOが訴え

有料会員記事

[PR]

 国が昨年度から始めた修学支援制度により、低所得世帯の大学・短大などへの進学率が10ポイントほど上がったとみられる、と文部科学省が先月明らかにした。入学金や授業料を減免したり、給付型(返済不要型)奨学金を支給したりする制度だが、塾代や受験料などの負担が重く、そもそも受験自体ができない高校生もいる。受…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。