(取材考記)摺りを重ねる表現、アニメーターから熱視線 新版画の古き良き景色、楽しみたい 千葉恵理子

有料会員記事

[PR]

 夕景の繊細な色のグラデーション、油彩画と見まがうような水のリアルな描写――大正から昭和前期に人気を博した「新版画」。その展覧会が今年は各地で開かれる。新型コロナウイルスの影響で展覧会の会期や内容の変更が相次いだとはいえ、ここまで多いのは静かに人気を呼んでいる証拠だろう。

 新版画は1915(大正4…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。