東電の柏崎刈羽原発、6年前にも不正通過 作業員、父親のID使う

有料会員記事

[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発新潟県)で2015年8月、協力企業の作業員が父親のIDカードを使用しテロ対策のために本人確認が必要な「周辺防護区域」のゲートを通過していたことが分かった。カードは誤って取り違えたものだったが、警備員は不審に思いながらも通過させたという。東電は原子力規制庁新潟県警に通報、協力…

この記事は有料会員記事です。残り514文字有料会員になると続きをお読みいただけます。