元郵便局員に懲役3年判決 切手1.7億円分、着服し換金

有料会員記事

[PR]

 約1億7千万円分の切手を着服して金券ショップで換金したとして、業務上横領の罪に問われた芝郵便局(東京都港区)の元会計担当課長・細畑真佐樹被告(49)に対し、東京地裁は10日、懲役3年(求刑懲役5年)の実刑判決を言い渡した。坂田正史裁判官は「被害が大きく、常習性もはなはだ顕著で厳しい非難に値する」と…

この記事は有料会員記事です。残り273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。