大規模接種、自民内も懸念 自衛隊の人繰り難航、元防衛相が苦言

有料記事

[PR]

 政府が設置する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターに対して、自民党内からも懸念の声が上がっている。接種の目標は「1日1万人」と報じられたが、中核となる自衛隊の医官や看護官の確保が簡単ではないからだ。▼1面参照

 センターは、菅義偉首相が設置を指示。政府関係者が「1日1万人」と語り、目標…

この記事は有料記事です。残り761文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント