大規模接種、37億円契約 日本旅行などに運営委託 防衛省

有料会員記事

[PR]

 政府が設置する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターで、防衛省は会場運営などのため、民間3事業者と計36億8千万円で契約を結んだ。菅義偉首相の「鶴の一声」で決まった想定外の業務。民間の力に頼らざるを得ないところもあるようだ。

 岸信夫防衛相が11日の閣議後会見で、契約金額などを明らかにした…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。