みどりの窓口、7割減へ JR東日本の設置駅、25年までに

有料会員記事

[PR]

 JR東日本は11日、切符売り場「みどりの窓口」の設置駅を、2025年までに7割程度減らすと発表した。新型コロナウイルス対策の一環として非接触型のサービスを進め、インターネットでの切符購入を充実させる。窓口対応にあたる人件費削減も見込む。

 JR東によると、定期券購入の9割はみどりの窓口以外でのサー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。