(編集者がつくった本)「宇井純セレクション(1)原点としての水俣病」 新泉社・安喜健人さん

有料会員記事

[PR]

 ■公害問う言葉、まず自らに

 公害との闘いに生涯を捧げた環境学者、宇井純(ういじゅん)氏(1932~2006)。自らも水銀を川に流した一技術者であることの深い悔恨から水俣病の原因究明と患者救済運動に奔走し、また公害を生んだ社会や学問への問いとして自主講座「公害原論」を主宰した人物である。

 宇井…

この記事は有料会員記事です。残り579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載編集者(が/を)つくった本

この連載の一覧を見る