(インタビュー)ミャンマー支援の限界 みずほリサーチ&テクノロジーズ理事長・元財務官、中尾武彦さん

有料会員記事

[PR]

 ミャンマーの国民が10年かけて積み上げてきた民主主義を、国軍が踏みつぶそうとしている。政府の途上国援助(ODA)をつぎ込み、民主化を後押ししてきた日本の落胆は大きい。ODA外交の限界なのか。財務官としてミャンマー支援に深く関わったみずほリサーチ&テクノロジーズ理事長の中尾武彦さんに聞いた。

 ―…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。