JR九州、上場以来初の赤字

有料会員記事

[PR]

 JR九州が12日発表した2021年3月期決算は、純損益が189億円の赤字(前年は314億円の黒字)だった。赤字は16年の上場以来初めて。コロナ禍で中核の鉄道を中心に主要事業が軒並み打撃を受けた。22年3月期はワクチン接種の広がりを前提に純損益で黒字転換を見込む。

 赤字の規模は、上場前の16年3月…

この記事は有料会員記事です。残り126文字有料会員になると続きをお読みいただけます。