(語る 人生の贈りもの)角野栄子:13 児童文学館、いちご色にしよう

有料会員記事

[PR]

 ■児童文学作家・角野栄子

 《2018年、世界的な児童文学の賞で「小さなノーベル賞」と称される、国際アンデルセン賞作家賞を受賞した》

 最終の候補に残っていることは知っていたけれど、まさか選ばれるはずはないと思っていました。というのは、前々回は上橋菜穂子さんで、前回は中国の方が受賞していた。だか…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る