立川らく朝さん死去

 立川らく朝さん(たてかわ・らくちょう=落語家、本名福澤恒利〈ふくざわ・つねとし〉)2日死去、67歳。葬儀は近親者で営んだ。

 内科医から46歳で立川志らくに入門、15年に61歳で真打ち。医師の経験を生かした「健康落語」を売りにした。