福岡地裁は「合憲」判断 生活保護の基準額引き下げ

有料会員記事

[PR]

 国が2013~15年に生活保護基準額を引き下げたのは生存権を保障した憲法25条に反するとして、福岡県内の受給者84人が減額決定の取り消しを求めた訴訟の判決が12日、福岡地裁であった。徳地淳裁判長は「厚生労働相の裁量権の逸脱はなく、憲法にも違反しない」として原告の請求を棄却した。

 争点は、国が13…

この記事は有料会員記事です。残り259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。