「政権とのパイプ役」 自衛隊配備後押し 収賄容疑の下地前市長

有料会員記事

[PR]

 沖縄県宮古島市の前市長、下地敏彦容疑者(75)が、宮古島への自衛隊配備をめぐり、収賄の疑いで県警に逮捕された。用地選定にあたって業者側に便宜を図った見返りに約650万円を受け取った疑いが持たれている。地元に自衛隊配備への反発があるなか、下地容疑者は政府が進める配備を容認。「政権とのパイプ役だった」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。