(時時刻刻)再生エネ増、暮らしに直結 太陽光普及、期待は屋根 整備費用、電気料金に上乗せか

有料会員記事

[PR]

 政府は2030年度に再生可能エネルギーの発電を、いまより倍増させようとしている。太陽光は発電所が増え、パネルが設置されるビルや住宅が増えるなど身近になりそうだ。原子力も温室効果ガスを出さない重要な電源だとしており「脱原発」には否定的だ。▼1面参照

 菅義偉首相は「脱炭素社会」の実現を政策目標とし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。