LGBT法案、与野党合意 目的・理念「差別は許されない」 自民党内の了承、焦点

有料記事

[PR]

 LGBTなど性的少数者をめぐる「理解増進」法案について、与野党は14日、法律の目的や基本理念に「差別は許されない」と記すことなどで修正合意した。今国会成立へ大きく前進したが、反対論の残る自民党内の手続きで了承を得られるかが焦点だ。

 与野党協議にあたった自民党の稲田朋美衆院議員と立憲民主党の西村…

この記事は有料記事です。残り1036文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!