ケリー被告、次々否定 司法取引の元秘書室長証言

有料記事

[PR]

 日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(67)が巨額の役員報酬を開示しなかったとされる事件で、金融商品取引法違反罪の共犯に問われた元代表取締役グレッグ・ケリー被告(64)に対する被告人質問が14日、東京地裁であった。無罪を主張するケリー元役員は、最大のキーパーソンとして検察と司法取引した大沼敏明・…

この記事は有料記事です。残り353文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!