PFI方式26事業、民間が不適切業務 検査院指摘

有料記事

[PR]

 民間資金で公共設備を整備するPFI方式を採用した11府省の76事業について会計検査院が調べたところ、民間事業者側による不適切な業務が26事業で計2367件に上ったことがわかった。検査院は各府省に対し、再発防止に向けて改善を求めた。

 検査の対象は国が2002~18年度に行った76事業で、事業費の総…

この記事は有料記事です。残り500文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!