教訓継承、誓う 信楽高原鉄道事故30年

有料記事

[PR]

 滋賀県甲賀市(旧信楽町)で1991年、信楽高原鉄道(SKR)とJR西日本の列車同士が正面衝突し、42人が死亡、628人が負傷した事故から14日で30年を迎えた。現場近くで追悼法要があり、参列した両社の社長が、事故の教訓を引き継いでいくことを誓った。

 事故は、安全確認の徹底を怠ったことによって起き…

この記事は有料記事です。残り215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!